admin一覧

クラビットのジェネリック

クラビットは、日本の製薬会社である第一三共が開発したレボフロキサシンの薬です。現在では、クラビットの特許期間も切れているので、第一三共以外の製薬会社が日本国内にとどまらず、クラビットのジェネリックを開発しています。

クラビット成分レボフロキサシンの効果

レボフロキサシンとは、クラビットに配合されている成分です。レボフロキサシンを第一三共が開発したことによって、クラビットが誕生しました。レボフロキサシンは、ニューキノロン系の薬であり、合成抗菌剤に分類されます。

淋病の治療にクラビット

淋病の治療においても、クラビットが使われることがあります。淋病の治療を行う場合、クラビット500を2週間から4週間に渡って服用します。1回1錠を1日に1回服用するので、毎日同じ時間に飲むよう心がけましょう。

クラビットの服用方法

クラビットには服用間隔があります。クラビット100であれば、その服用間隔は約6時間です。クラビット500であれば、その服用間隔は24時間です。できるだけ毎日同じ時間にクラビットを飲むようにし、同じ時間に飲めない場合には担当医に相談しましょう。

クラビットの服用期間

クラビットの服用期間は、基本的には1週間から10日間です。実際に服用する期間は、感染症の種類や感染症の進行具合によって異なります。そのため、自己判断でクラビットを服用するのをやめることはせず、指示された期間はしっかりと服用しましょう。

クラビットの服用法

クラビットには、錠剤・細粒・内用液があります。錠剤と細粒を服用する場合、水または白湯で服用します。お茶やジュースなど成分が多く含まれているものだと、効果を発揮できない場合があります。内用液はそのまま服用します。

クラビットの飲み方

クラビットの基本的な飲み方は、クラビット100であれば、1回1錠を1日に3回服用します。また、クラビット500であれば、1回1錠を1日に1回服用します。クラビット250の場合には、1回2錠を1日に1回です。

クラビットの飲み合わせ

クラビットには、飲み合わせの悪い薬があります。フルルビプロフェン(フロベン)やアルミニウム、マグネシウム、デラマニド(デルティバ)などが含まれている薬とは飲み合わせが悪いです。市販薬にも含まれている成分なので、安易に自己判断してはいけません。

クラビットは個人輸入のネット通販で買えます

クラビットは、個人輸入のネット通販での購入ができます。手続きが難しそうに感じますが、ネットショッピング感覚で行えるので、難しいことはありません。購入したいクラビットを選択してカートに入れて購入するだけで、個人輸入ができます。